日本のDX推進を加速するために、
事例を発掘し共有するためのコンテストです。

自治体や民間企業などが取り組んだDX推進プロジェクトを表彰し、
UX(ユーザーエクスペリエンス)部門、
BX(ビジネストランスフォーメーション)部門
人と組織部門
SX/GX部門
行政機関・公的機関部門で大賞を決定します。

応募する

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
昨年度の受賞企業・団体はこちら

応募方法

Step.1
事例の登録(推薦応募締切:3月23日)
事例の登録(最終締め切り:4月24日)
専用のフォームより事例の登録をお願いいたします。
事例の登録は自薦でも他薦でも構いません。
他薦での応募の場合は一次締め切りまでの応募をお願いします。
Step.2
ファイナリストの発表(5月15日)
書面審査を通過した各部門のファイナリストを発表します。
Step.3
決勝大会(6月19日から23日)

決勝大会では事例のプレゼンテーションをもとに審査を行います。
1社あたり15分のプレゼンテーションと質疑応答(5分)です。
各部門ごとに最大7社発表いただきます。

Step.4
表彰式(6月23日)
決勝大会のプレゼンテーション審査を元に受賞企業・団体を発表いたします。
表彰式後にはネットワーキングの機会も用意する予定です。
Step.2
ファイナリストの発表(5月15日)
書面審査を通過した各部門のファイナリストを発表します。

募集対象のプロジェクト

UX(ユーザーエクスペリエンス)部門

デジタルを活用しユーザー体験向上に取り組んだプロジェクト

評価のポイント

・戦略性
DX推進における戦略性や、ビジョン
・成果
DXの取り組みにおける成果
・組織
変革のための必要な内外でのリソースの調達や社内のマネジメントに取り組んだか

BX(ビジネストランスフォーメーション)部門

DXによりビジネス変革や新規事業展開に繋がったプロジェクト
評価のポイント

・戦略性
DX推進における戦略性や、ビジョン

・成果/ビジネスモデル
DXの取り組みにおける成果

・組織
変革のための必要な内外でのリソースの調達や社内のマネジメントに取り組んだか

・革新性
DXの取り組みに独創性や新規性があるか

人と組織部門

DXのための人材育成や組織変革に取り組んだプロジェクト
評価のポイント

・戦略性
DX推進における戦略と連動しているか

・成果
個人の成長や組織の活性に繋がっているか

・組織
組織内外の人材の活用や多様性を生かした人と組織作りに取り組んでいるか

・継続性/発展性
継続性や発展が期待できる取り組みか

SX/GX部門

デジタル技術を活用しサステナビリティ経営やGX(グリーントランスフォーメーション)に取り組んだプロジェクト
評価のポイント

・戦略性
DX推進における戦略性や、ビジョン

・社会的課題への対応
データとデジタル技術を活用し社会的な課題解決に資する取り組みか

・成果
DXの取り組みにおける成果

・組織
変革のための必要な内外でのリソースの調達や社内のマネジメントに取り組んだか

行政機関・公的機関部門

自治体など行政機関や公的機関において、DX推進に取り組んだプロジェクト
評価のポイント

・インパクト
社会や組織内外に与える影響力の大きさや取り組みにおける成果・

意義
社会的に意義のある事例かどうか

・展開性
他の自治体が取り入れやすい事例か

ノーコード部門

ノーコードツールを活用しDXに取り組んだプロジェクト(※)

日本ノーコード大賞へのエントリーとなります外部リンク、重複のエントリーも可能です。

日本ノーコード大賞
https://ncpa.info/nocode-awards/

応募する

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

審査員

奥谷 孝司 氏

株式会社顧客時間
共同CEO 取締役

オイシックス・ラ・大地株式会社
専門役員 COCO(Chief Omni-Channel Officer)

株式会社イー・ロジット
社外取締役

株式会社Engagement Commerce Lab.
代表取締役

前刀 禎明 氏

株式会社リアルディア
代表取締役社長

AI inside 株式会社
取締役CMO

酒井 真弓 氏

ノンフィクションライター

鈴木 康弘 氏

株式会社デジタルシフトウェーブ

代表取締役社長 

正能 茉優 氏

株式会社ハピキラFACTORY
代表取締役

パーソルキャリア株式会社
「サラリーズ」事業責任者

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科
特任助教

中尾 潤 氏

可処分時間ラボ
共同代表

一般社団法人 熱海市観光協会
ブランディングアドバイザー

八子 知礼 氏

株式会社INDUSTRIAL-X
代表取締役

毛塚 幹人 氏

茨城県つくば市 元副市長

谷畑 英吾 氏

滋賀県湖南市 元市長

前刀 禎明 氏

株式会社リアルディア
代表取締役社長

AI inside 株式会社
取締役CMO

日本DX大賞2023概要

主催:日本DX大賞実行委員会
(Re-Innovate Japan、日本デジタルトランスフォーメーション推進協会、ノーコード推進協会)

対象:DX推進の経営層、DX担当部門長・担当者

<決勝大会>
日時:2023年6月19日から23日に実施予定
内容:プレゼンテーション、ゲストトーク等

<表彰式>
2023年6月23日 都内にて開催予定

<賞について>
各部門ごとに大賞を選出予定

よくあるご質問

  • Q
    事例登録にあたって費用はかかりますか?
    A
    日本DX大賞への参加費用は無料です。
  • Q
    一社で複数のプロジェクトの登録は可能か?
    A
    はい、可能です。プロジェクトごとに事例登録をお願いいたします。
  • Q
    応募する事例はいつからの取り組みが対象か?
    A
    開始の実施年度は問いませんが、2022年に取り組んだものまたは現在も続いている取り組みが対象です。
  • Q
    昨年応募したが、今年も応募可能か
    A
    はい、可能です。
  • Q
    日本DX大賞に協賛は可能か?
    A
    はい、可能です。お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
  • Q
    決勝大会を視聴したい
    A

    観覧募集を開始しましたら本サイトでご案内します。
    以下フォームに登録いただくと募集開始時にご案内メールをお送りします。

    https://form.run/@dxaward-jizen

  • Q
    一社で複数のプロジェクトの登録は可能か?
    A
    はい、可能です。プロジェクトごとに事例登録をお願いいたします。

応募する

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

メディアパートナー

お問い合わせ

日本DX大賞に関するお問い合わせは以下フォームよりお願いします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。